さきおり葬儀社

東北地方を中心に家族で明るい葬儀会社を営んでいます

葬儀に参列する時の心構え

参列者として葬儀に参加する際におさえておくべきマナー

葬儀に参列する機会というのは、そうそうあるものではありません。
人生の中でも数えるほどしか経験がないのではないでしょうか。
葬儀とは、故人の霊を慰めて現世に未練を残さないために行われ、また残された遺族にとっては故人を失った悲しみの気持ちを受け止める意味あいも持っています。
いわば、故人の人生を集大成した儀式なのです。
だからこそ、参列する人間もマナーを持って臨まなくてなりません。
ここでは、参列者としてのマナーと心構えについて、いくつかご紹介します。

訃報を受けたときの適切な対応

訃報を受けたら、まずはお悔やみの言葉を述べましょう。
そして、葬儀の日時と会場について確認をします。
そして、家族ぐるみのお付き合いをしていたような親しい関係であればお手伝いを申し出ましょう。
突然の訃報を受けても、深夜に弔問に伺うようなことはせず、お葬式・告別式までは訪問を遠慮した方がベターです。
では、実際に参列する時のマナーについてです。
遺族・親族は大変気を落としているところです。
ですので、親族を捕まえて長話をするようなことはしてはいけません。

遺族の負担にならないように配慮して行動しましょう

また、励ましすぎるのも逆効果です。
良かれと思っても、かえって気疲れをさせてしまいます。
参列したことが既に弔意を表しているので、挨拶は手短に済ませましょう。また、死因を聞くことは最大のマナー違反です。
遺族や親族の悲しみをあおるようなことは絶対に慎みましょう。
同様に「重ね重ね」などの言葉も、悲しみが連鎖してしまうというイメージから禁句とされています。
また、長居をすることも遠慮しましょう。
遺族や親族は、身内を亡くしてしまった悲しみに加えお通夜やお葬式の準備に追われ、心が休まる時間がありません。
そのような遺族および親族に対する配慮の気持ちが何よりも大切なのです。

葬儀の旅記事一覧